簿記通信教育講座でめざせ!日商簿記合格

簿記通信教育講座でめざせ!日商簿記合格>簿記とは?

簿記とは?

 簿記とは、証券取引所に上場している大企業から自営業者まで、また金融業、建設業、小売業などといった業種、業態を問わず、日々の経営活動を記録・整理し、財政状態および経営成績をあきらかにする技能です。わかりやすく言えば、会社の状況を正しく示すことができ、また正しく知ることができる技能です。

日商簿記の各級のレベル

日商簿記3級

 財務担当者に必須の基本知識を身につけることができ、商店、中小企業の経理事務に役立つ。経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになる。

日商簿記2級

 高校程度の商業簿記および工業簿記(原価計算を含む)を修得している。財務諸表を読む力がつき、企業の経営状況を把握できる。また、相手の経営状況もわかるので、株式会社の経営管理に役立てることができる。

日商簿記1級

 大学程度の商業簿記、工業簿記、原価計算および会計学を修得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができるようになる。



簿記通信教育講座でめざせ!日商簿記合格>簿記とは?